MDM

MDMサービスの選び方と比較一覧!国内シェアNo.1のMDMサービスも紹介

複数のモバイルデバイスを一元管理できるMDMサービスは、企業や教育機関でのデバイス管理において必要不可欠になっています。テレワークなど働き方の多様化が進む中で、MDMサービスの重要性はますます高まっています。

多くのMDMサービスが展開されており、機能の違いや選び方がよくわからないと感じている人も多いでしょう。本記事では、MDMサービスの選び方や各サービスの比較を紹介します。自社に最適なMDMサービスの導入につなげてください。

MDMサービスとは?

MDM(Mobile Device Management)サービスは、企業や学校などで使用するスマートフォンやタブレットなどの端末を一元的に管理するシステムです。MDMサービスにはさまざまな機能が搭載されており、デバイスの運用・管理の効率化や利用状況の把握、盗難・紛失対策ができます。

EMM・MAM・MCMとの違い

MDMに似ている概念として、EMM・MAM・MCMが挙げられます。それぞれの違いは以下の通りです。

EMMEnterprise Mobility Management
エンタープライズモビリティ管理
デバイス・アプリ・コンテンツの管理を統合的に行うシステム
MDMMobile Device Management
モバイルデバイス管理
デバイスを一元管理するシステム
MAMMobile Application Management
モバイルアプリケーション管理
デバイスのアプリを管理するシステム
MCMMobile Contents Management
モバイルコンテンツ管理
デバイス内のコンテンツを管理するシステム

EMMの配下に、MDM・MAM・MCMの3つの機能が置かれているようなイメージです。

なおMDMサービスによっては、MAMやMCMの機能を包含していたり、オプション扱いになっていたりするものもあります。検討中のサービスの対応範囲は、メーカー・ベンダーに確認するようにしてください。

MDMサービスの導入目的

MDMサービスの導入目的は、企業のモバイル端末を効率的かつ安全に管理することです。中でも、デバイスのセキュリティ対策や一元管理、不正利用防止などはMDMサービスの重要な役割となるため、詳しく解説します。

デバイスのセキュリティ対策

デバイスのセキュリティ対策は、多くの機密情報を扱う現代の企業にとって不可欠な要素です。MDMサービスを導入することで、デバイスを安全なネットワークのみに接続し、許可されたWebサイトのみを閲覧できるようにします。その結果、サイバー攻撃からの保護につながります。万が一、デバイスがウイルスに感染してしまった場合にも、システムが感染を即座に検知して通知するため、早期対応が可能となり、情報漏洩のリスクを大幅に低減できます。

加えて、MDMはリモートロックやリモートワイプの機能を提供し、紛失や盗難に対する迅速な対応を可能にします。不正アクセスやデータの流出を防ぎながら、端末の位置情報を追跡することもできます。MDMに備わっているセキュリティ機能は、デバイス自体のセキュリティだけでなく、データのセキュリティを総合的に強化することに貢献します。

デバイスの一元管理

MDMサービスを導入することで、デバイスの設定やアプリの一括配布・削除を一括で行えます。デバイスごとに異なる設定や複雑な管理から解放され、業務の効率性と精度を大幅に向上させられます。

さらに、部署や職種に応じたアプリの配布や機能制限を行うことで、業務に必要なツールのみの利用を促せます。また、デバイスの使用状況やセキュリティ状態をリアルタイムで確認し、即座に対応できるため、企業資産の保護という観点からも、MDMは非常に重要な役割を果たします。

デバイスの不正利用防止

MDMサービスは、第三者からの不正利用や従業員の私的利用の防止にも貢献します。デバイスの使用状況をリアルタイムで把握できるため、業務に不要なアプリの利用を即座に検知し、対応できます。

MDMサービスの選び方

適切なMDMサービスを選択するには、対応デバイスや搭載機能、サポート体制などを確認することが重要です。この重要な3つの観点を解説します。

導入するデバイスに対応しているか

MDMサービスを選ぶ際には、対応しているデバイスやOSを確認することが重要です。iOSやAndroid、Windowsなど、自社が抱えるデバイスに対応しているMDMサービスを選択しましょう。

また、将来的なデバイスのアップデートや新たなデバイスの導入にも対応できる柔軟性があるかどうかも考慮する必要があります。すでに使用している、または将来的に導入を検討しているデバイスの種類を把握し、適合するMDMサービスを選択しましょう。

必要な機能が搭載されているか

MDMサービスは、機能的に差別化されることは少ないものの、導入する端末や通信環境によって、必要な機能が使用できない場合もあります。業務効率化やセキュリティ対策、内部統制の強化など、自社の目的に必要な機能が搭載されているかどうかを確認しましょう。

カスタマイズ性や簡単な操作性を備えたUI(ユーザーインターフェース)も重要な要素です。将来的な拡張性や互換性も考慮し、長期的な視点で最適なMDMサービスを選択することが重要です。

サポート体制が充実しているか

サポート体制の充実度は重要な判断基準です。サポートの対応時間や対応言語、メーカーからの直接サポートの有無、電話受付サービスの有無などをしっかりと確認しましょう。特に、海外で開発・運用されているMDMサービスでは、言語や時差の問題が発生する可能性があるため、慎重に検討する必要があります。

サポート体制の充実度を把握し、万が一のトラブルにも迅速に対応できるMDMサービスを選択することが、安全なデバイス管理・運用を実現する鍵となります。

主なMDMサービスの比較一覧

主なMDMサービスの対応デバイス・料金・対応機能を紹介します。

製品名対応デバイス料金対応機能
CLOMO MDMiOS
Android
Windows
初期費用
19,800円

月額費用
300円/台
デバイス管理
アプリ管理
遠隔監視
ウイルス対策
リモートロック
リモートワイプ

Optimal Biz
iOS
Android
Windows
Mac
初期費用
45,000円

月額費用
300〜500円/台
デバイス管理
アプリ管理
遠隔監視
ウイルス対策
リモートロック
リモートワイプ
SPPMiOS
Android
Windows
Mac
初期費用
0円

月額費用
330〜550円/台
デバイス管理
アプリ管理
遠隔監視
ウイルス対策
リモートロック
リモートワイプ
BizMobile Go! DirectiOS
Android
Windows
初期費用
0円

月額費用
300円/台
デバイス管理
アプリ管理
遠隔監視
リモートロック
リモートワイプ
mobiconnectiOS
Android
Windows
Mac
初期費用
33,000円

年額費用
1,980〜3,300円/台
デバイス管理
アプリ管理
遠隔監視
ウイルス対策
リモートロック
リモートワイプ
VECTANT SDMiOS
Android
Windows
Mac
初期費用
50,000円

月額費用
150円〜/台
デバイス管理
アプリ管理
遠隔監視
ウイルス対策
リモートロック
リモートワイプ
MDM MODEMiOS
Android
初期費用
20,000円

月額費用
150〜300円/台
デバイス管理
アプリ管理
遠隔監視
ウイルス対策
リモートロック
リモートワイプ
LANSCOPE エンドポイントマネージャー クラウド版iOS
Android
Windows
Mac
初期費用
30,000円

月額費用
300〜500円/台
デバイス管理
アプリ管理
遠隔監視
リモートロック
リモートワイプ

対応デバイスや搭載機能、サポート体制を確認し、自社に合ったMDMサービスを見つけましょう。無料トライアルを提供しているサービスもあるため、使いやすさや操作性を体験して選ぶと良いでしょう。

CLOMO MDMは13年連続シェアNo.1のMDMサービス

上記のように、さまざまなMDMサービスが展開されている中で、CLOMO MDMはMDM市場で13年連続シェアNo.1*を誇っています。

CLOMO MDMは、豊富な機能の搭載、幅広いデバイスへの対応、わかりやすく使いやすい管理画面が特徴です。国産のMDMサービスのため特にサポート面が手厚く、メーカーからの直接サポートや電話サポートを受けられます。24時間365日、電話で有人オペレータが緊急対策の代行も行っています。

さらにCLOMO MDMは、Googleが求める厳しい水準を満たしたサービスであることを示す「Android Enterprise Recommended」も取得(MDMサービスの中では日本で唯一認定)しています。このように、安心・安全にデバイスを利用できる仕組みが整っており、特別な知識やトレーニングなしですぐに利用開始できます。

そのため、あらゆる業界で利用されており、企業はもちろん、学校や病院などの教育機関や医療機関への導入事例も豊富です。以下では、具体的な導入事例を紹介します。

*出典:デロイト トーマツ ミック経済研究所「コラボレーション/コンテンツ・モバイル管理パッケージソフトの市場展望(https://mic-r.co.jp/mr/00755/ )」2011〜2013年度出荷金額、「MDM自社ブランド市場(ミックITリポート12月号: https://mic-r.co.jp/micit/2023/ )」2014~2022年度出荷金額・2023年度出荷金額予測

【事例】建設業へのMDM導入

建設現場のタブレット導入を阻むセキュリティと管理面での課題を解決したジャパンギャランティサービス株式会社への取り組みを紹介します。ジャパンギャランティサービスは、建設業界のDX(IT環境整備・保守・サポートなど)を全方位で支援している企業です。

課題

  • 建設業界ではWindows PCの導入が多く、他のOSを採用したタブレットでは既存のセキュリティ対策や管理方法が適用できない
  • 建設現場へのタブレットの活用が広がらない

CLOMO MDMの導入目的

  • タブレットを一元管理したい
  • 端末管理を簡略化したい
  • 会社のセキュリティルールへの柔軟な対応をしたい

CLOMO MDM導入後の変化・成果

  • 建設現場でのタブレット活用が加速した
  • 社内に高いITスキルを持つ担当者がいなくても、効率的にタプレットの運用管理が行えるようになった
  • セキュリティポリシーを満たす構成プロファイルによって、手間をかけることなくセキュリティが担保できるようになった

ジャパンギャランティサービスでは、CLOMO MDMを導入したことによって、セキュリティと管理面での懸念を払拭でき、建設DX(デジタルトランスフォーメーション)のさらなる推進につながりました。専門の担当者がいなくても、効率的にタブレットの管理が行えている点も喜ばれています。

【事例】医療機関へのMDM導入

スマホの導入で働き方改革を実現した株式会社麻生 飯塚病院への取り組みを紹介します。飯塚病院は、経営戦略の一環としてスマホの導入や活用などのDXを推進しています。

課題

  • 人材の入れ替わりが激しく、その度に端末に関する作業が発生していた

CLOMO MDMの導入目的

  • 300台以上のスマホを遠隔で安全に管理したい
  • ユーザー切り替え時の端末設定の手間を削減したい
  • 端末のOSバージョンアップへの対応スピードを上げたい

CLOMO MDM導入後の変化・成果

  • iPhoneを医師に1台ずつ貸与したことで、診察情報の共有が進展し、診察の質が向上した
  • 休日の呼び出し回数が減ったことで医師の働き方改革が実現した
  • 端末の設定・変更や電話帳の書き換えなどの作業負担が軽減した

CLOMO MDMの導入によって、端末関連作業の負担を大幅に軽減でき、飯塚病院の医師やスタッフの方たちの働き方改革にも貢献しました。CLOMO MDMは、医療機関の導入事例も豊富で、これまで培ってきた導入ノウハウでスムーズな導入・活用をお手伝いします。

【事例】学校へのMDM導入

iPadを1人1台配布し、学びへの意欲や学力の向上を実現した中村学園三陽中学校・高等学校への取り組みを紹介します。中村学園三陽中学校・高等学校は、ICT教育の導入を意欲的に進め、アクティブラーニングやルーブリック評価などの取り組みとあわせて、学力向上を実現しています。

課題

  • 生徒がiPadを家庭で夜通し利用し、翌日の勉強に影響が出たり、体調を崩したりする懸念
  • 端末の使用時間の制限やインターネットサイトの最低限のフィルタリングを実施したい

CLOMO MDMの導入目的

  • 全生徒のiPadの設定・使用状況の一括管理をしたい
  • 時間外の端末の利用禁止や制限をしたい
  • 端末紛失時の位置情報確認とパスコードの制御をしたい

CLOMO MDM導入後の変化・成果

  • 見やすく操作しやすい管理画面で、特別な知識やトレーニングをすることなく全生徒のiPadの設定・使用状況の一括管理が実現した
  • AppStore利用やアプリ内課金、インターネット閲覧、時間外の使用を適切に制限ができるようになった
  • PCからプロファイルを独自に作成し、管理する全端末に一斉適用できるようになった
  • 位置情報の確認やパスコードの制御により、生徒のiPadの紛失やパスコード忘れに対応できるようになった

中村学園三陽中学校・高等学校は、CLOMO MDMの導入によって、ICT教育の推進や生徒の学力向上につながりました。遊び目的でのアプリの使用や深夜利用は、学校教育におけるタブレット導入の最大の懸念点です。CLOMO MDMは、リモートで生徒のタブレットのアプリや機能を制限・管理できるため、健全な教育環境を適切な制限で実現します。

まとめ

MDMサービスの重要性は、テレワークなど働き方の多様化が進む中でますます高まっています。社内のモバイルデバイスを一元管理し、デバイスの利便性向上やセキュリティ対策を行うことは企業にとって必要不可欠です。対応デバイスや搭載機能、サポート体制の充実度などを考慮し、自社に最適なMDMサービスを導入しましょう。


CLOMO MDMは、多機能性や幅広いデバイス対応、24時間365日のサポート体制により、企業のデバイス管理を強力にサポートします。製品の機能・活用事例のダウンロード製品についてのお問い合わせもできるため、ぜひご活用ください。CLOMO MDMで、デバイス管理の課題を解決し、ビジネスの効率化を図りましょう。