MDM

MDM市場6年連続シェアNo.1。最も信頼されているMDMサービス

対応OS:iOS / macOS / Android / Windows / Kindle

CLOMO MDM注目の新機能

Apple教育向け機能
「Apple School Manager」に対応

Apple School Managerを利用することで、
教育向けのMDM機能やApple IDなどをフル活用。

Apple School Manager活用メリット解説ページを見る

Android for Workに対応し、企業向けの
高度なMDM機能を実現

Android for Work

Android for Workを利用することで、
Googleの仕様に則った安定的で効率的なMDM機能を実現。

CLOMO MDM for Android特設ページを見る

驚くほど簡単な操作で、確かな安全を実現する
CLOMO MDM

マルチOS(iOS、Android、Windows、Kindle)をリモートで一括管理。

  • 利用状況の確認

    「OS」「UDID」「電池残量」などの基本情報や、「位置情報」「インストールされているアプリ」など、様々なデバイス情報をMDMで取得できます。

  • 機能の設定・制限

    「パスワード利用のルール」「カメラ機能」「アプリケーションの購入」「ネットワーク接続先」など、様々なデバイス設定をMDMで強制的に制限できます。

  • 盗難・紛失時の緊急対策

    デバイスの「データ初期化」や「ロック」などをMDMからリモートで強制的に操作し、盗難紛失時の情報漏えいや第三者の利用を防ぎます。

CLOMO MDM関連の資料(製品カタログ、導入事例、ホワイトペーパーなど)をまとめてダウンロードする

利用状況をMDMで確認し、改善しよう

デバイス情報や利用中のアプリ情報などをMDMサービスで取得できます。
利用状況を把握してさらなる活用に繋げましょう。

  • デバイス・アプリ情報の取得

    OSバージョン、電話番号などの基本情報や利用中アプリの名称・バージョン等をMDMで取得できます。

  • 利用ポリシー違反を自動で検知

    「インターネット接続が一定時間ない」「利用禁止アプリをインストールした」など、ポリシー違反をMDMは自動で検知します。

  • セキュリティ違反を自動で検知

    「Root化」「JailBreak」など、セキュリティ違反をMDMは自動で検知します。

ポリシー違反検知時、管理者とユーザーに自動で通知

「インターネット接続が一定時間ない」「利用禁止アプリをインストールした」など、ポリシー違反を検知すると、CLOMO MDMは管理者に変わってユーザーにも注意を促すメールを自動で送信します。管理者は注意する手間を省略でき、効率的な管理を行えます。

ユーザーと管理者に通知

機能の制限・設定もCLOMO MDMなら自由自在

ルールの強制や、各種機能の制限・設定も、MDMならリモート操作で完結。
会社のポリシーをすぐに反映させましょう。

  • パスワードルールの強制

    「パスワード利用の強制」「パスワード文字数の指定」「入力失敗回数の上限」など、様々な利用ルールをMDMなら遠隔設定できます。

  • 各種機能の制限・設定

    「アプリケーションの購入」「カメラ機能」「SDカードの利用」「スクリーンショットの撮影」など、様々な機能をMDMなら遠隔設定・制限できます。

  • Wi-Fi、ネットワークの設定

    「利用可能なWi-FIアクセスポイントの指定」や、「SSID、パスワード」などの各種ネットワークの設定をMDMなら遠隔配布できます。

CLOMO MDMなら部門・グループ単位での管理が簡単

セキュリティポリシーを部門ごとに最適化するほど、プロファイルの設定・運用は難しくなります。CLOMO MDMでは、デバイスが所属する部門やグループに対して、一括でルールを強制できるグループポリシー機能を持っています。

部門やグループごとに一括適用

Apple 「Device Enrollment Program」に対応

CLOMO MDMが、Apple社の法人・教育機関向け「Device Enrollment Program」に対応することで、CLOMO MDMにiPhone、iPadを登録するための各種作業を大幅に省力化し、デバイス導入・運用コストを飛躍的に低減します。

■「Device Enrollment Program」に対応したCLOMO MDMの新機能

  • MDMサービスへのデバイス登録を強制
  • MDMサービスへの自動登録
  • ワイヤレスでiOSデバイスを監視対象に設定
  • 効率的な設定アシスタントを実現

詳しくは Device Enrollment Programの活用メリットはこちら をご覧ください。

Apple教育向け機能「Apple School Manager」に対応

CLOMO MDMは、Apple教育向け機能「Apple School Manager」に対応しています。教育機関のIT管理者は「Apple School Manager」とCLOMO MDMを使って、iOSデバイスの教育向け機能をフル活用できるようになります。

■Apple School Managerに対応したCLOMO MDMの新機能

  • Shared iPad対応
  • Managed Apple ID対応
  • クラスルームアプリケーション対応

詳しくは Apple School Manager活用メリット解説 をご覧ください。

Android向けの高度なMDM機能を実現

企業でのAndroid利用をサポートするGoogleの「Android for Work」に対応したCLOMO MDMでは、「Googleの仕様に準拠したセキュリティ機能」「CLOMO MDMによる管理徹底」などを利用でき、デバイス導入・運用コストを飛躍的に低減できます。

詳しくは CLOMO MDM for Android 特設ページ をご覧ください。

万が一の盗難・紛失でも情報漏えいを防ぐ

いつでもどこにでも、自由に持ち運ぶ事ができる便利なスマートデバイス。
だからこそ、もしもの盗難、紛失でも、情報漏洩を防ぐための手段を用意しました。

  • データの消去

    MDMからデータを強制的に遠隔消去し、
    重要な業務データの漏えいを防げます。

  • 起動ロック

    紛失したデバイスの拾得者など、第三者に勝手に利用されないように、MDMから起動をロックできます。

  • メッセージを通知

    紛失したデバイスの拾得者に対して、MDMから会社の電話番号などをプッシュ通知できます。

24時間365日、MDMの緊急時対策代行オプション

自由に、手軽に持ち運べるスマートデバイスだからこそ、夜間や休日にも盗難、紛失などのトラブルが発生します。万が一の事態が発生した場合にも、IT管理者に変わって、24時間365日、有人オペレータがMDMで緊急対策を代行します。

リモートオペレーションサービス(24/365)の紹介ページを見る。

緊急対応

CLOMO MDMなら高度な紛失対策も利用可能

紛失中のiOS / Andorid搭載スマートフォン、タブレットに対して、MDMから遠隔で「デバイス回収用のメッセージと連絡先情報の表示」「デバイス回収時まで有効な強制ロック」「位置情報の強制取得」「初期化コマンドの無期限継続」を行えます。本機能を利用することで、「紛失による廃棄リスク」や「不正利用による情報漏えいリスク」を低減できます。

紛失中のデバイス

CLOMO MDMなら確実なリモートワイプも利用可能

従来のMDMから利用できるWindows向けリモートワイプ機能は、BitLockerによる暗号化を用いて、Windowsデバイス内の業務データ取り出しを困難にし、工場出荷状態に遷移せざるを得ない状況を作り出すことで「データ初期化」を実現していました。CLOMO MDMでは、VAIOが提供する「SecureWipe」を搭載したWindowsデバイスのSSDやハードディスクに対し、強制的にデータ初期化を実行します。データ初期化作業中に中断などを行えず、従来の「リモートワイプ」よりも確実な情報漏洩対策を実施します。

CLOMO MDM for Windows特設ページを見る

CLOMO MDM

CLOMO MDMならアプリ管理も高機能

業務で利用するアプリのセキュリティ対策、配布、削除なども一緒に管理しましょう。

MDM + MAM
  • 社内専用のアプリ配布ポータル

    管理パネルへアプリを登録するだけで、公開範囲を社内に限定したアプリ配布ポータルを構築できます。配信専用サーバの用意も不要です。

  • 配布先のグループを選択

    営業部や経理部、開発部など、アプリごとに公開先の組織を指定できます。それぞれの組織、部門が求める最適なアプリを配布できます。

  • 強制インストール・削除

    利用させたいアプリを強制的にインストールしたり、管理対象のアプリを強制的にアンインストールできます。

  • ※ アプリ管理機能の利用にはCLOMO MDMのオプションサービス「CLOMO MOBILE APP PORTAL」の利用が必要です

Apple社「Volume Purchase Program」に対応

Apple社の法人・教育機関向けプログラム「Volume Purchase Program」を利用すると、App Storeで配信されている有償アプリを一括購入できます。
「Volume Purchase Program」に対応したCLOMO MDMのアプリケーション管理機能(CLOMO MOBILE APP PORTAL)を利用すると、上記プログラムを通じて一括購入したアプリケーションライセンスの管理を簡単に行えます。

■ Volume Purchase Programに対応したCLOMO MDMの主な機能

  • 一括購入したアプリケーションライセンスの譲渡、再配布、回収
  • 一括購入したアプリケーションのサイレントインストール
  • Apple IDを利用しないアプリケーションの遠隔インストール

アプリ管理機能の紹介ページを見る

CLOMO MDMならAndroid向けの高度なアプリ管理も利用可能

企業でのAndroid利用をサポートするGoogleの「Android for Work」に対応したCLOMO MDMでは、企業専用アプリポータル「Google Play for Work」や「Androidアプリの強制インストール・削除」などを利用でき、Androidアプリの導入・運用コストを飛躍的に低減します。

詳しくは CLOMO MDM for Android 特設ページ をご覧ください

CLOMO MDMを、より快適な運用環境に

CLOMO MDMなら、必要な機能のみ追加して無駄を省けます。
より安全に、より快適に、モバイルを運用する為の多様なサービスを揃えています。

  • アプリ配布ポータル

    アプリの遠隔インストール・削除機能の利用や、社内専用のアプリ管理ポータルサイトの構築を行えるアプリ管理サービスです。

    紹介ページを見る

  • 緊急サポート

    盗難、紛失など万が一のトラブルに、24時間365日の緊急サポート。管理者のいない夜間や休日も有人オペレーターがMDMの緊急対策を代行します。

    紹介ページを見る

  • ウィルス対策

    MDMサービスとウィルス対策を完全統合し、ウィルスの脅威からデバイスを守ります。

    紹介ページを見る

  • 電子証明書と連携

    MDMサービスから、電子証明書をリモート配布します。簡単な操作でVPN接続や社内システムの認証を強化できます。

    紹介ページを見る

  • 不正持ち出し対策

    MDMサービスから位置情報と連動したセキュリティ対策をWindowsに実施でき、デバイス持ち出しポリシーの違反検知時には情報漏えい対策を自動で行います。

    紹介ページを見る

  • 高度なリモート管理

    「リモートデスクトップ」「リモート電源ON・OFF」「特別な証明書格納」など、Windows向けの高度なMDM機能を利用できます。

    紹介ページを見る

オプションサービスは、自由に組み合わせられます

CLOMOは必要なサービスを自由に組み合わせられるようになっています。企業の運用方針に沿う、最適な運用環境をご利用ください。

Windowsの不正持ち出し対策に対応

CLOMO MDM secured by OneBeでは、位置情報と連動したセキュリティ対策をWindowsに実施できます。「ACアダプタ接続の変化」「Wi-Fi接続の変化」「位置情報の変化」などのデバイス持ち出しポリシーを監視し、違反検知時にはネットワーク接続状況に関わらず、「キーボード・マウス・タッチパネルの無効化」「強制ログアウト」「指定パスのフォルダ・ファイル削除」「大音量アラーム」などの情報漏えい対策を自動で行います。

CLOMO MDM secured by OneBe紹介ページを見る

CLOMO MDM secured by OneBe

Windowsの高度なMDM機能に対応

インテルvProテクノロジー対応のWindows(右のステッカーが目印)に対して、「特別な証明書格納」「リモート電源ON・OFF」「リモートデスクトップ」などの高度なMDM機能を利用でき、従来よりも高度なセキュリティ対策やモバイル管理を実現します。

CLOMO MDM Advance for Windows紹介ページを見る

MDM市場6年連続シェアNo.1
最も信頼されているMDMサービス

6年連続シェアNo.1の秘訣は"使いやすさ"。

CLOMO MDM No.1

 

 

  • ※ 出典「ミック経済研究所・コラボレーション/コンテンツ・モバイル管理パッケージソフトの市場展望2013年度版」2011年度、2012年度出荷金額実績、「ミック経済研究所・ミック ITリポート2016年11月号」2013年度、2014年度、2015年度出荷金額実績および2016年度出荷金額予測

CLOMO MDMを利用してよかったこと「管理が容易」

スマートデバイスを管理する上で、セキュリティレベルを保ったまま、如何に簡単に、手間を掛けずに、大量のデバイスを運用するかという課題は、管理者にとって非常に重要なポイントです。CLOMOは手軽な管理を実現するMDMとして、ユーザー様から高い評価を得ています。

ユーザーアンケートより3つを抜粋

CLOMO MDM機能詳細

詳しく見る
iOSデバイスで操作可能な項目一覧

情報取得/閲覧

  • UDID(Unique Device Identifier)
  • デバイス名
  • モデル名および番号
  • iOSおよびビルドバージョン
  • シリアル番号
  • IMEI
  • ICCID
  • 電話番号
  • 使用可能な空き領域
  • バッテリーレベル
  • モデムのファームウェア
  • BluetoothのMACアドレス
  • Wi-FiのMACアドレス
  • 現在のキャリアのネットワーク
  • SIMキャリアのネットワーク
  • キャリア設定のバージョン
  • ローミング状態
  • データローミング設定
  • ボイスローミング設定
  • インストール済み構成プロファイル
  • インストール済み証明書
  • ハードウェア暗号化機能インストール
  • インストール済みアプリ一覧
  • プロビジョニングプロファイル
  • JailBreakの検知
  • デバイス検索
  • ポリシー違反デバイスの抽出/検索
  • ポリシー違反アプリの検知

設定

  • Device Enrollment Program(DEP)対応
    • - CLOMO MDMからの離脱禁止
    • - CLOMO MDMへのデバイス自動登録
    • - ワイヤレスで監視対象デバイスに設定
    • - デバイス初期設定時の設定画面を省略
  • Apple School Manager(ASM)対応
    • - ASMで作成された基本情報の同期
    • - Shared iPadの設定、管理
    • - Classroomアプリへの設定配布
  • [ASM] 基本情報の同期
    • - ユーザー情報
    • - Managed Apple ID情報
    • - 授業情報
    • - 場所情報
    • - コース情報
  • [ASM] Shared iPadの設定、管理
    • - MDM登録時にShared iPad設定を自動付与
    • - Shared iPadにログイン可能なユーザー情報の配布
    • - Shared iPadにログイン可能なユーザーのクラス情報の配布
  • [ASM] Classroomアプリへの設定配布
    • - ユーザー情報の配布
    • - クラス情報の配布
    • - デバイス情報の配布
  • Exchange ActiveSync
  • IMAP・POPメール
  • パスワードポリシー
    • - 英数字の値の要求
    • - デバイス設定優先
    • - パスコード長
    • - パスワードの有効期限
    • - 再使用までのパスコードの数
    • - ローカルワイプまでの失敗再試行回数
  • VPN
  • Wi-Fi
  • LDAP
  • CalDAV
  • CardDAV
  • 照会カレンダー

 

  • パスコードの要求
    • - 簡単なパスコードの許可
    • - 英数字の値の要求
    • - パスコード長
    • - 複合文字の数
    • - パスコードの有効期限
    • - 自動ロックまでの時間
    • - 再使用までのパスコードの数
    • - デバイスロックの猶予期間
  • 定期的に位置情報を取得 (*1)
  • 任意時刻に位置情報を取得 (*1)
  • JailBreakの検知
  • 管理者の計画に基づいたエージェントアプリのアップデート適用 (*2)
  • アプリのインストール
  • アプリケーション内からの購入
  • 標準アプリの利用制限(*6)
    • - 設定アプリ以外のアプリ
  • カメラの制限
  • 画面のキャプチャを制限
  • ローミング中のメールアカウントの自動同期
  • ロック中の音声ダイヤル
  • コンテンツレーティング
  • Safariのセキュリティ設定
    • - 自動入力を有効にする
    • - 強制的に詐欺警告
    • - JavaScriptを有効にする
    • - ポップアップを開かない
    • - Cookieの受け入れ
  • YouTube
  • iTunes Store
  • App Store
  • Safari
  • Facetime
  • iCloudへのバックアップ (*3)
    • - 書類の同期
    • - フォトストリーム
    • - 診断データの送信
    • - TLS証明書の受け入れ
    • - 強制的に暗号化
  • 証明書と固有名
  • WEBクリップ
  • APN設定

コマンド実行

  • リモートワイプ
  • リモートロック
  • パスコードの消去
  • 紛失モードの設定
    • - 表示メッセージの指定 (*5)
    • - 連絡先番号の指定 (*5)
    • - 下部メッセージ (*5)
    • - 強制位置情報取得 (*6)
  • 設定プロファイルの配布/削除
    • - 構成プロファイル
    • - プロビジョニングプロファイル
  • ボイスローミングの有効化、無効化 (*3)
  • データローミングの有効化、無効化 (*3)
  • デバイス情報の取得
  • 位置情報の取得
  • 位置情報のサイレント取得 (*4)
  • デバイス証明書の配布、失効
  • メッセージの送信
  • OSの強制アップデート(*5)
  • *1 CLOMO MDM Agent for iOSでは、一部仕様制限があります。本機能の利用には、CLOMO MDM Agent Enterprise for iOSを推奨します。
  • *2 CLOMO MDM Agent Enterprise for iOSのみ対象となります。
  • *3 iOS 5 以降のみ対象となります。
  • *4 iOS 7 以降のみ対象となります。
  • *5 iOS 9.3.2 以降のみ
  • *6 本機能を利用するにはiOSデバイスを監視モードに設定する必要があります。
Macデバイスで操作可能な項目一覧

情報取得/閲覧

  • UDID(Unique Device Identifier)
  • デバイス名
  • モデル
  • モデル名
  • OSバージョン
  • ビルドバージョン
  • シリアル番号
  • 使用可能な空き領域
  • BluetoothのMACアドレス
  • Wi-FiのMACアドレス
  • インストール済み構成プロファイル
  • インストール済みプロファイル
  • インストール済みアプリ一覧
  • FileVault 設定の有無
  • アプリ名

設定

  • [ASM] 基本情報の同期
    • - ユーザー情報
    • - Managed Apple ID情報
    • - 授業情報
    • - 場所情報
    • - コース情報
  • IMAP/POPメール
  • パスワードポリシー
    • - 英数字の値の要求
    • - デバイス設定優先
    • - パスコード長
    • - パスワードの有効期限
    • - 再使用までのパスコードの数
    • - ローカルワイプまでの失敗再試行回数
  • VPN
  • Wi-Fi
    • パスコードの要求
      • - 簡単なパスコードの許可
      • - 英数字の値の要求
      • - パスコード長
      • - 複合文字の数
      • - パスコードの有効期限
      • - 自動ロックまでの時間
      • - 再使用までのパスコードの数
      • - デバイスロックの猶予期間
      • - ローカルワイプまでの失敗再試行回数

コマンド実行

  • リモートワイプ
  • 強制パスコードロック
  • 設定プロファイルの配布/削除
    • - 構成プロファイル
Androidデバイスで操作可能な項目一覧

情報取得/閲覧

  • デバイス名
  • モデル
  • モデル名
  • OSバージョン
  • ビルドバージョン
  • シリアル番号
  • IMEI
  • ICCID
  • 電話番号
  • Wi-FiのMACアドレス
  • 通信キャリア
  • 現在のMNC
  • 現在のMCC
  • ローミング設定
  • アプリ名
  • インストール済みアプリ一覧
  • バージョン
  • 位置情報履歴
  • 電話発着信履歴
  • 電話発着信履歴のエクスポート
  • デバイス検索
  • ポリシー違反デバイスの抽出、検索
  • ポリシー違反アプリの検知

設定

  • Android for Work 対応 (*2) (*3)
    • - Work Managed Device としての設定
  • ストアアプリ(Play for Work)のレイアウト設定 (*4)
    • - ページタイトル設定
    • - ホームページ設定
    • - ページへのリンク設定
    • - クラスタ設定
  • Play for Work コンソールで承認したアプリに対する権限設定 (*4) (*5)
  • Play for Work コンソールで承認したアプリに対する制限設定 (*4) (*6)
  • パスワードポリシー
    • - 英数字の値の要求
    • - デバイス設定優先
    • - パスコード長
    • - パスワードの有効期限
    • - 再使用までのパスコードの数
    • - ローカルワイプまでの失敗再試行回数
  • VPN設定
  • Bluetoothの制限
  • Wi-Fiの制限
  • Wi-Fiの設定
  • 定期的に位置情報を取得
  • 任意時刻に位置情報を取得
  • 位置情報取得の曜日指定
  • Root化検知
  • ホワイトリスト、ブラックリストによるアプリの利用制限

 

  • 下記機能を持ったアプリの制限
    • - アカウントへアクセスする
    • - 利用料金が発生する
    • - ハードウェアの機能に直接アクセスする
    • - 現在地を追跡する
    • - SMSの読み書きを行う
    • - メールの読み書きを行う端末の連絡先に直接アクセスする
    • - 端末のカレンダーに直接アクセスする
    • - 通話の監視、記録、処理をする
    • - SDカードにアクセスする
    • - システムに低レベルのセキュリティ設定でアクセスする
  • 標準アプリの利用制限 (*4)
    • - OS 動作に無関連なアプリ
  • 提供元不明アプリのインストール制限 (*4)
  • アプリのアンインストール制限 (*4)
  • エージェントアプリの削除制限
  • CLOMO MDMからの離脱禁止 (*4)
  • カメラの制限
  • 画面のキャプチャを制限 (*4)
  • 実行時パーミッションポリシーの制限 (*4)(*7)
  • ユーザー追加の制限 (*4)
  • ユーザー削除の制限 (*4)
  • Google アカウントの追加/削除を制限 (*4)
  • SMS の送受信を制限 (*4)
  • ネットワーク設定のリセット操作を制限 (*4)(*7)
  • ファクトリーリセット操作を制限 (*4)
  • デバッグモードの利用を制限 (*4)
  • セーフブートの利用を制限 (*4)(*7)
  • SDメモリの制限
  • USB接続の制限
  • 電話発信先制限
  • ストレージ暗号化

コマンド実行

  • リモートワイプ
  • 強制パスコードロック
  • パスコードの消去
  • 紛失モードの設定
    • - 表示メッセージの指定 (*1)
    • - 連絡先番号の指定 (*1)
    • - 強制パスコードロック用パスワードの設定 (*1)
  • 設定プロファイルの配布/削除
    • - デバイス設定プロファイル
    • - VPN設定プロファイル
    • - アプリ制限プロファイル
    • - VirusScan設定プロファイル
  • デバイス情報の取得
  • 位置情報の取得
  • デバイス証明書の配布/失効
  • 電話発着信履歴情報を取得
  • メッセージの送信
  • *1 CLOMO MDM Agent 1.16.0 以降の併用が必要となります。
  • *2 Android OS 5 系 / 6 系デバイスのみ対象
  • *3 要工場出荷時設定
  • *4 Android for Work 機能を用いて Work Managed Device として設定されたデバイスのみ対象
  • *5 設定できる権限種類はアプリによって異なります。
  • *6 設定できる制限種類はアプリによって異なります。
  • *7 対応 OS 6.0 以降
Windowsデバイスで操作可能な項目一覧

情報取得・閲覧

  • DeviceClientID
  • デバイス名
  • モデル名
  • 製品名
  • OSバージョン
  • シリアル番号
  • 電話番号
  • Wi-FiのMACアドレス
  • インストール済み構成プロファイル
  • インストール済み証明書
  • インストール済みアプリ一覧
  • インストール済みプロファイル一覧
  • 位置情報履歴
  • プラットフォーム
  • メーカー
  • タイムゾーン
  • 所有者名
  • ログオンユーザ名
  • ホスト名
  • ドメイン名
  • ワークグループ
  • デバイスの種類
  • システムの種類

設定

  • パワーオンパスワード設定 (*5)
  • VPNの設定
  • Bluetoothの制限
  • Wi-Fiの制限
  • Wi-Fiの設定
  • Wi-Fiテザリングの制限
  • パスコードの要求
    • - 簡単なパスコードの許可
    • - 英数字の値の要求
    • - パスコード長
    • - 複合文字の数
    • - パスワードの有効期限
    • - 自動ロックまでの時間
    • - 再使用までのパスコードの数
    • - デバイスロックの猶予期間
    • - ローカルワイプまでの失敗再試行の回数
  • 定期的に位置情報を取得
  • 任意時刻に位置情報を取得
  • 位置情報取得の曜日指定
  • カメラの制限
  • CLOMO MDMからの離脱禁止
  • SDメモリの制限
  • USB接続の制限(USBマスストレージの接続制限)

 

  • 持ち出し監視ポリシー設定(*3)
    • - ACアダプタの接続状況
    • - 指定SSIDの検出状況
    • - 指定Bluetoothデバイスとの接続状況
    • - インターネット接続の有無
    • - インターネット接続時のゲートウェイ情報
    • - GPS(緯度、経度)情報
    • - パスワード認証失敗回数
    • - 指定サーバーへの接続状況
    • - 違反検知からアクション実行までの猶予期間
  • 持ち出し監視ポリシー違反時のアクション設定(*3)
    • - Windowsロック画面の表示
    • - サウンドアラーム付きWindowsロック画面の表示
    • - USB接続による強制アンロック設定
    • - QRコードによる一時的なアンロック設定
    • - HID(マウス、キーボード、タッチパネルなど)ロック
    • - HIDロック時のメッセージ表示
    • - 指定パスのフォルダ・ファイル削除
  • 持ち出し監視ポリシー準拠時のアクション設定 (*3)
    • - Windowsロック画面の解除
  • 即時適用のアクション設定(*3)
    • - HID(マウス、キーボード、タッチパネルなど)ロック
    • - 指定パスのフォルダ・ファイル削除

コマンド実行

  • リモートワイプ
  • リモートワイプ(SecureWipe:GOST P50739-95 Level 1方式での論理値0書込)(*4)
  • リモートロック
  • 強制パスコードロック(*6)
  • パスコードの消去(*6)
  • 設定プロファイルの配布、削除
    • - デバイス設定プロファイル
  • デバイス情報の取得
  • 位置情報の取得
  • 位置情報のサイレント取得
  • デバイス証明書の配布、失効
  • デバイス証明書のサイレントインストール
  • デバイスのリモートシャットダウン
  • vProデバイスの電源を入れる(*1)
  • vProデバイスのAMT機能ON、OFF(*1)
  • AMT機能の中継デバイス設定(*1)
  • インテルvProプロセッサー領域への証明書配布(*1)(*2)
  • リモートデスクトップ接続用URLの生成(*1)
  • OneBe設定の配布、削除(*3)
  • *1 インテル® vPro™ プロセッサーのみ対象。
  • *2 Windows 8.1のみ対象。
  • *3 CLOMO MDM secured by OneBeの利用が必要です。
  • *4 VAIO Pro 13 | Mk2 (VPJ132)のみ対象
  • *5 後日対応予定です。
  • *6 Windows10では、PINの強制変更で実現します。
Kindle Fireデバイスで操作可能な項目一覧

情報取得/閲覧

  • デバイス名
  • モデル
  • モデル名
  • OSバージョン
  • ビルドバージョン
  • シリアル番号
  • Wi-FiのMACアドレス
  • アプリ名
  • インストール済みアプリ一覧
  • バージョン
  • 位置情報履歴
  • デバイス検索
  • ポリシー違反デバイスの抽出、検索

設定

  • パスワードポリシー
    • - 英数字の値の要求
    • - デバイス設定優先
    • - パスコード長
    • - パスワードの有効期限
    • - 再使用までのパスコードの数
    • - ローカルワイプまでの失敗再試行回数
  • Bluetooth の制限
  • Wi-Fiネットワーク接続先制限
  • root化の検知
  • 定期的に位置情報を取得
  • 任意時刻に位置情報を取得
  • 位置情報取得の曜日指定
  • 位置情報サービスの制限 (*1)
  • ブラックリスト形式によるアプリの利用制限

 

  • 標準アプリの利用制限
    • - ミュージック
    • - ビデオ
    • - Eメール・連絡先・カレンダー
    • - ニューススタンド
    • - 本・オーディオブック
    • - Silkブラウザ
    • - 写真
    • - ドキュメント
    • - アプリ(標準以外のアプリの起動を制限)
    • - ゲーム
    • - Webアプリストア(アプリの購入・ダウンロードを制限)
  • 提供元不明アプリのインストール制限 (*1)
  • アプリのアンインストール制限 (*1)
  • エージェントアプリの削除制限
  • カメラの制限
  • USB / ADBデバッグの制限 (*1)
  • ソーシャルネットワーク制限 (*1)
  • ファクトリーリセット制限 (*1)
  • Kindle Fire 標準ブラウザ( Silkブラウザ)でのクラウド機能利用制限 (*1)
  • ヘルプアプリのリモート接続機能制限 (*1)
  • ストレージ暗号化

コマンド実行

  • リモートワイプ
  • SDカードデータ消去
  • 強制パスコードロック
  • パスコードの消去
  • 設定プロファイルの配布、削除
    • - デバイス設定プロファイル
    • - VPN設定プロファイル(*1)
    • - アプリ設定プロファイル
  • デバイス情報の取得
  • 位置情報の取得
  • デバイス証明書の配布、失効
  • デバイス証明書のサイレントインストール(*1)
  • メッセージの送信
  • *1 Fire OS 3.1以降のみ対応です。

CLOMO MDM動作環境

サポート対象OS
  • iOS

    MDM for iOS :
    iOS 4.3.x / 5.1.1 / 6.1.x / 7.1.2 / 8.4 / 9.3.2 / 10.1

    MDM Agent for iOS :
    iOS 6.1.x / 7.1.2 / 8.4 / 9.3.2 / 10.1

    MDM Agent Enterprise for iOS :
    iOS 6.1.x / 7.1.2 / 8.4 / 9.3.2 / 10.1


    macOS

    MDM for macOS :
    10.10(Yosemite) / 10.11(El Capitan) / 10.12(Sierra)

  • Android

    MDM Agent for Android :
    Android 2.2.2 / 2.3.7 / 3.2.x / 4.0.4 / 4.3.x / 4.4.x / 5.0.2 / 5.1.1 / 6.0 / 6.0.1
    ※ GooglePlayに対応していないデバイスでは利用できません。
    ※ Android for Work を用いた Work Managed Device としてデバイスを管理する場合は、デバイスの Android OS が 5.x / 6.xである必要があります。
    ※ Android OS 2.x / 3.xは2016年12月末日をもってサポート終了予定です。サポート終了後も継続してAndroid OS 2.x / 3.xをCLOMO MDMで管理いただけますが、これらOSを対象にしたお問い合わせへの対応、機能改修は行いませんので予めご了承ください。

  • Windows

    MDM for Windows :
    Windows 8.1 Pro (64bit) / Windows 8.1 Enterprise (64bit) / Windows 10 Home (64bit) / Windows 10 Pro (64bit) / Windows 10 Enterprise (64bit) / Windows 10 Mobile
    ※ 32bit版のWindows管理をご検討されている方は別途お問い合わせください。

    MDM Agent for Windows :
    Windows 8.1 Pro (64bit) / Windows 8.1 Enterprise (64bit) / Windows 10 Home (64bit) / Windows 10 Pro (64bit) / Windows 10 Enterprise (64bit)
    ※ 32bit版のWindows管理をご検討されている方は別途お問い合わせください。

  • Kindle Fire

    MDM Agent for Kindle :
    Android OS 4.0.3ベース / Fire OS 3.1.x

  •  
導入推奨機種 詳しく見る

端末メーカーと当社が共同で「製品発売前の確実な動作検証」と「機種依存の不具合発生防止」の実現に向けた取り組みを実施している機種です。
導入推奨機種についてのお問い合わせはこちら

  • Windows
端末名 備考(注意事項)
VAIO
VAIO Pro 13 | mk2  
動作確認済み端末 詳しく見る

過去に実施したデバイス別の動作確認結果をご覧頂けます。
一覧に掲載されていないデバイスでの動作確認をご希望の方はこちらよりお申込みください


CLOMO MDM for iOS

端末名 備考(注意事項)
Apple
iPhone 3GS  
iPhone 4  
iPhone 4S  
iPhone 5  
iPhone 5c  
iPhone 5s  
iPhone 6  
iPhone 6 Plus  
iPhone 6s  
iPhone 6s Plus  
iPod touch 第3世代  
iPod touch 第4世代  
iPad  
iPad 2  
iPad 第3世代  
iPad 第4世代 Retinaディスプレイモデル  
iPad Air  
iPad Air 2  
iPad mini  
iPad mini Retinaディスプレイモデル  
iPad mini 3  
iPad Pro 12.9  
iPad Pro 9.7  

CLOMO MDM for macOS

端末 備考(注意事項)
Apple
macOS 10.10 (Yosemite) 以降がインストールできるデバイス  

CLOMO MDM for Android

端末名 検証済みOSバージョン キャリア 備考(注意事項)
Acer
ICONIA TAB A500 3.2 Wi-Fi ・OSの問題によりプロファイルによるVPN設定不可
ICONIA TAB A100 3.1 Wi-Fi ・OSの問題によりパスコード解除
・プロファイルによるVPN設定不可
ICONIA TAB A700 4.0.4 Wi-Fi ・SDの初期化を行った場合、外部SDが削除されない
ASUS
ASUS Pad TF700T 4.0.3 -  
Nexus 7 6.0.1 -  
Nexus 7 6.0 -  
Nexus 7 (CLOMO MDM for Android)
(CLOMO MDM VirusScan secured by McAfee)
(CLOMO GATE)

4.1.2 / 5.1.1

(上記以外の製品)
4.1.2 / 4.4.1
Wi-Fi ・SDの初期化を行った場合、内部SDが削除されない
ASUS Fonepad 7 4.3 - ・SDカードが制限されない
CASIO
G'zOne IS11CA 2.3 au ・Cisco AnyConnectへの2回目以降の証明書インストールについては検証中
DELL
Streak 001DL 2.2.1 Softbank  
Fujitsu
F-12C 2.3.4 docomo ・シリアル番号が取得できない
ARROWS Tab F-04H 6.0.1 docomo ・シリアル番号が取得できない
・SDの初期化を行った場合、内部SDが削除されない
ARROWS Tab F03-G 5.0 docomo ・非通知設定に関連する発着信履歴が、管理画面上では空白として記録される
・検知されたウィルスを削除した後も、ウィルス検知アラートが残存する
・SD制限プロファイルをインストールしているにも関わらず、SDカードがマウントできる
・証明書情報を含んだAnyConnect用VPN設定プロファイルを管理画面から送付しても、デバイスがスリープ状態の場合適用ができない(証明書インストールコマンド単独での証明書インストールは可能)
・管理画面から配布したFortiClient向け証明書が利用できない
ARROWS Kiss F-03D 2.3 docomo  
ARROWS X LTE F-05D 2.3 docomo ・シリアル番号が取得できない
ARROWS Z ISW11F 2.3 au  
ARROWS A 201F 4.1 Softbank ・プロファイルによるVPN設定不可(Android3.x以上は未対応)
・「Wi-Fi制限、SD制限」のプロファイルをインストール直後は制限がかからない
・デバイスを暗号化する機能が無いため、デバイスの暗号化ポリシーを設定したプロファイルをインストールすると操作出来なくなる
ARROWS Tab LTE F-01D 3.2 docomo ・シリアル番号が取得できない
・電話番号が取得できない
・キャリアが取得できない
・ICCIDが取得できない
・パスコード解除不可(Android3.x以上は未対応)
・プロファイルによるVPN設定不可(Android3.x以上は未対応)
・USB接続制限不可(Android3.1.x以上は未対応)
HTC
HTC Desire X06HT 2.2 Softbank  
HTC Desire HD 001HT 2.2 Softbank  
Aria S31HT 2.2 EMOBILE  
HTC EVO WiMAX ISW11HT 2.2 au ・USB制限がかからない
HTC EVO 3D ISW12HT 2.3 au  
HTC EVO 4G F-12C 2.2 Wi-Fi  
NEXUS 9 5.0 / 6.0.1 - ・パスワードの設定をすると、デバイスロック、パスワード解除コマンドが失敗する
・ネットワーク制限プロファイルインストールデバイスで禁止ネットワークに接続するとデバイスが再起動する
・VirusScanインストール通知表示時にインストールブロックされた際、すぐにVirusScanインストール通知が再表示され、VirusScanのインストールができない
・デバイスのウィルスソフトのスキャン設定の変更ができる
・起動不可のアプリケーションを設定したアプリ制限プロファイルをインストールし、対象のアプリを開くと制御画面が表示されず使用できる
HUAWEI
Huawei Ascend G6 4.3 - ・定期的に位置情報を取得する設定プロファイルをインストールしても、位置情報を取得しない
・暗号化の構成されたプロファイルのインストールに失敗する
MediaPad X1 4.2.2 - ・ウィルス検知アラートが表示されない
・SD制限プロファイルをインストールしているにも関わらず、SDカードがマウントできる
・アプリ利用ポリシー違反アラートが表示されない場合がある
MediaPad M1 4.2.2 - ・ウィルス検知アラートが表示されない
・SD制限プロファイルをインストールしているにも関わらず、SDカードがマウントできる
・アプリ利用ポリシー違反アラートが表示されない場合がある
KYOCERA
DIGNO U(404KC) 4.4.4 Softbank ・プロファイルによるVPN設定不可(Android 3.x 以上は未対応)
・SD制限ができない
TORQUE G01(KYY24) 4.4.2 au ・プロファイルによるVPN設定不可(Android 3.x 以上は未対応)
・SD制限ができない
・IMEI表記について、端末側とPANEL側で表記が若干異なる
LG
Optimus chat L-04C 2.2 docomo  
Optimus bright L-07C 2.3.3 docomo  
Optimus LTE L-01D 2.3 docomo  
Optimus LTE2 韓国流通モデル 4.0.3 -  
Optimus Pad L-06C 3.0 docomo  
Nexus 5 6.0.1 -  
Nexus 5X 6.0 / 6.0.1 -  
MOTOROLA
XOOM - WiFi TBi11M 3.2 au ・OSの問題によりパスコード解除
・プロファイルによるVPN設定不可
XOOM 3.0 au ・OSの問題によりパスコード解除
・プロファイルによるVPN設定不可
XOOM 3.1 au ・OSの問題によりパスコード解除
・プロファイルによるVPN設定不可
NEC
MEDIAS N-04C 2.2 docomo  
MEDIAS WP N-06C 2.3.3 docomo ・デバイス仕様により、L2TP、L2TP/IPsec PSK、L2TP/IPsec CRTのプロファイルによるVPN設定不可
MEDIAS PP N-01D 2.3 docomo ・デバイス仕様により、L2TP、L2TP/IPsec PSK、L2TP/IPsec CRTのプロファイルによるVPN設定不可
MEDIAS LTE N-04D 2.3.6 docomo ・デバイス仕様により、L2TP、L2TP/IPsec PSK、L2TP/IPsec CRTのプロファイルによるVPN設定不可
LifeTouchL 4.1.2 Wi-Fi ・ウィルス検知アラートが消えない
LaVieTabE 4.2.2 Wi-Fi ・ウィルス検知アラートが消えない
・SD制限されない
Pantech
SIRIUS α IS06 2.2 au  
EIS01PT 2.3.4 au  
VEGA S5 韓国流通モデル 4.0.3 -  
SAMSUNG
GALAXY S SC-02B 2.3.3 docomo ・シリアル番号が取得できない
Nexus S i9023 2.3.6 -  
GALAXY S Ⅱ SC-02C 2.3.3 docomo ・シリアル番号が取得できない
・ICCIDが取得できない
GALAXY S Ⅱ LTE SC-03D 2.3.6 docomo  
GALAXY S4 SC-02G 4.4.2 docomo ・プロファイルによるVPN設定不可(Android 3.x以上は未対応)
・非通知設定からの着信を受信した着信履歴がブランク表示となる
・「SDメモリ制限設定」プロファイルをインストールしてもSDカードがアンマウントされずに使用可能状態となる
・「SDカードデータ消去」コマンドを実行しても、SDカードデータが消去できない
・SD制限ができない
GALAXY NEXUS SC-04D 4.0.1 docomo ・プロファイルによるVPN設定不可(Android 3.x 以上は未対応)
・SD制限ができない
GALAXY S Ⅲ SC-06D 4.1.2 docomo ・プロファイルによるVPN設定不可(Android 3.x 以上は未対応)
GALAXY S II      
GALAXY S4 SC-04E (CLOMO MDM for Android)
(CLOMO MDM VirusScan secured by McAfee)
(CLOMO GATE)

4.2.2 / 5.1.1

(上記以外の製品)
4.2.2
docomo ・プロファイルによるVPN設定不可(Android 3.x 以上は未対応)
・SD制限ができない
GALAXY Note 韓国流通モデル 4.0.3 - ・SDカードのアンマウントができない
Galaxy S II HD LTE 韓国流通モデル 4.0.3 -  
GALAXY S III 韓国流通モデル 4.0.3 - ・SDカードのアンマウントができない
・プロファイルによるVPN設定不可(Android 3.x 以上は未対応)
GALAXY Tab SC-01C 2.2 docomo ・シリアル番号が取得できない
GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D 3.2 docomo ・電話番号が取得できない
・キャリアが取得できない
・ICCIDが取得できない
Nexus 10 4.0.3 -  
SHARP
IS03 2.2.1 au  
IS05 2.2.1 au  
AQUOS PHONE SH-12C 2.3 au  
AQUOS PHONE IS11SH 2.3 au ・Cisco AnyConnectへの2回目以降の証明書インストールについては検証中
AQUOS PHONE IS12SH 2.3 au ・Cisco AnyConnectへの2回目以降の証明書インストールについては検証中
AQUOS PHONE f SH-13C 2.3 docomo  
AQUOS PHONE ZETA SH-02E 4.0.4 - ・プロファイルによるVPN設定不可(Android 3.x 以上は未対応)
AQUOS PAD SHT21 4.1.2 au  
AQUOS PHONE Xx mini 303SH 4.2.2 Softbank ・暗号化プロファイルのインストールに失敗する
・Wi-Fiテザリング制限設定を構成したプロファイルをインストールしているにもかかわらず、テザリング設定が出来る
・SDメモリ制限設定を構成したプロファイルをインストールしても、SDカードがアンマウントされない
AQUOS CRYSTAL 4.4.2 Softbank ・ウィルス検知アラートが表示されない
・SD制限プロファイルをインストールしているにも関わらず、SDカードがマウントできる
・アプリ利用ポリシー違反アラートが表示されない場合がある
・特定のデバイスにパスワードポリシーを設定し、パスワード設定画面に移行するとアプリが異常終了する
GALAPAGOS A01SH 4.0.3 Wi-Fi ・デバイス初期化(SDカードの内容を残す)コマンドを実行した場合に内部Sが削除されてしまう
・「SDメモリ制限設定」に「制限する」を選択したプロファイルをインストールしてもSDカードがマウント解除されない
・SDカード初期化コマンドが失敗する
RW-T110 2.3 Wi-Fi  
SH-01G 4.4.4 docomo ・非通知の着信が履歴一覧表示されずに空白で表示される
・アプリ制限プロファイルのホワイトリストで設定したアプリ以外が起動できる
・SDカードデータの消去コマンドが適用されない
・SDカードの使用制限ができない
SONY
Xperia Z5 Compact SO-02H 5.1.1 docomo  
Xperia Z5 SO-01H 6.0 docomo  
Xperia Z4 SO-05G 4.4.4 docomo ・非通知設定に関連する発着信履歴が、管理画面上では空白として記録される
・検知されたウィルスを削除した後も、ウィルス検知アラートが残存する
・SD制限プロファイルをインストールしているにも関わらず、SDカードがマウントできる
・証明書情報を含んだ AnyConnect 用 VPN 設定プロファイルを管理画面から送付しても、デバイスがスリープ状態の場合インストールに失敗する(証明書インストールコマンド単独での証明書インストールは可能)
・管理画面から配布した FortiClient 向け証明書が利用できない
・管理画面からパスコード解除コマンドを送付しても実行されない
Xperia Z3 Compact SO-02G 4.4.4 docomo ・非通知の着信が履歴一覧表示されずに空白で表示される
・SDカードデータの消去コマンドが適用されない
・SDカードの使用制限ができない
Xperia Z SO-02E 4.1 docomo ・標準ブラウザ+証明書でのCLOMO MOBLIE APP PORTALログインの際に、ブラウザが証明書が渡せずにログインエラーとなる
Xperia A2 SO-04F 4.4.2 docomo ・位置情報の正確な値が取得出来ていない
・アプリ制限プロファイルで「メッセージの読み書き」の制限が機能していない
・ウイルスアプリを削除したにも関わらず、ウイルス検知アラートが消えない
・アプリログに記録されない
・特定のタイミングでアプリケーション情報の取得ができない場合がある
Sony Tablet S SGPT113JP/S 2.3 Wi-Fi
Xperia Tablet S SGPT12 4.0.3 Wi-Fi
Xperia Tablet Z SGP312JP 4.1.2 Wi-Fi
Sony Ericsson
Xperia arc SO-01C 2.3.4 docomo  
Xperia acro IS11S 2.3 au  
Xperia acro SO-02C 2.3.4 docomo  
Xperia ray SO-03C 2.3.4 docomo ・Wi-Fiテザリング制限がかからない
TOSHIBA
REGZA Phone T-01C 2.2.2 docomo  
REGZA Phone IS04 2.2 au  
REGZA Phone T-01D 2.3 docomo ・シリアル番号が取得できない

CLOMO MDM for Windows

端末 検証済みOSバージョン 仕様 備考(注意事項)
右記条件を満たすWindows 8.1端末 Windows 8.1 Pro(32bit/64bit) / Enterprise(32bit/64bit ・CPU : 1GHz以上
・メモリ : 1GB(32ビット)または2GB(64ビット)以上
・ハードディスク : 16GB(32ビット)または20GB(64ビット)以上
・グラフィック カード : WDDMドライバー搭載のMicrosoftDirectX 9グラフィックス デバイス
CLOMO MDM Advance for Windowsをご利用いただくには、以下の端末を利用する必要があります。
・インテルvProテクノロジー対応 Windows- 第4世代以降
右記条件を満たすWindows 10端末 Windows 10 Home (64bit) / Pro (64bit) / Enterp(64bit) / Windows 10 Mobile - CLOMO MDM Advance for Windowsをご利用いただくには、以下の端末を利用する必要があります。
・インテルvProテクノロジー対応デバイスの利用が必要(IPT機能非対応)

CLOMO MDM for Kindle

端末名 検証済みOSバージョン キャリア 備考(注意事項)
Amazon
Kindle Fire HD (2nd Generation) Android 4.0.3ベース ※Phase1のみ Wi-Fi 本端末の管理には、CLOMO MDM Advance for Kindleのお申込みが必要です
Kindle Fire HD 8.9(2nd Generation) Android 4.0.3ベース ※Phase1のみ Wi-Fi 本端末の管理には、CLOMO MDM Advance for Kindleのお申込みが必要です
Kindle Fire HD Fire OS3.1 FireOS 3.1 Wi-Fi 本端末の管理には、CLOMO MDM Advance for Kindleのお申込みが必要です
Kindle Fire HDX FireOS 3.1 Wi-Fi 本端末の管理には、CLOMO MDM Advance for Kindleのお申込みが必要です
Kindle Fire HDX 8.9 Fire OS3.1 FireOS 3.1 Wi-Fi 本端末の管理には、CLOMO MDM Advance for Kindleのお申込みが必要です
管理パネル動作環境
  • Internet Explorer

    動作確認済みバージョン : 9 / 11

  • Google Chrome

    動作確認済みバージョン :
    最新バージョン

  • Firefox

    動作確認済みバージョン :
    39.0(一部機能のみ)

  • Safari *

    動作確認済みバージョン : 7

  • * SafariはMac向けのみとなります。

CLOMO MDM導入までの流れ

  • CLOMO MDMお申込
  • 初期設定(3営業日以内)
  • 事前準備
  • ご利用開始
  •   
  • Kindle Kindle Fireの管理にはCLOMO MDM Advance for Kindleのお申込が必要です
  •  
  • iOS プッシュ通信サービスの利用準備が必要です。

CLOMO MDM料金案内

販売価格については こちら をご覧ください。

ご注意

iOS
  • * Wi-Fiのみの利用環境で、ファイヤーウォールを設置している場合は「5223/tcp」「80/tcp」「443/tcp」「53/udp」のポートを開放してください。
  • * MDMから削除が可能な構成プロファイルは、MDM経由でインストールされたものに限ります。
  • * 構成プロファイルのインストールおよび削除のタイミングは、該当端末がオンライン(3G または Wi-Fi) 環境にあり、かつ起動ロックが解除されている状態である際に、実行されます。
  • * iOS / Android / Windows / Kindle Fireでは、制御可能な項目に差異があります。
  • * CLOMO MDM Agent Enterprise for iOS・CLOMO SECURED APPs Enterprise for iOSとCLOMO MDM Agent for iOS・CLOMO SECURED APPs for iOSは、同一デバイス上での混在利用を行えません。
  • * iOSデバイスの管理機能を全て利用するためには、Apple社が提供する「Apple Configurator」の利用が必要です。「Apple Configurator」を利用するにはMac OSの端末が必要となり、お客様に別途用意頂く必要があります。
Android
  • * Wi-Fiのみの利用環境で、ファイヤーウォールを設置している場合は「5228/tcp」「5229/tcp」「5230/tcp」「80/tcp」「443/tcp」「53/udp」のポートを開放してください。5228/TCP、5229/TCP、5230/TCPは、GCMサーバとのコマンド等の通信に利用しております。
  • * Androidは一部機種依存の機能や、OS不具合による制限などがございますので、詳細はお問い合わせ下さい。
  • * C2DMは現在 βリリースのため、Push機構に遅延などが発生する可能性があります。この不具合にそなえ、デバイス側から1時間ごとにコマンド指示の確認を行うよう対応しています。
  • * 位置情報取得においては端末側でGPS機能が有効である必要があります。GPS機能が無効の場合は、位置情報取得は行えません。
  • * iOS / Android / Windows / Kindle Fireでは、制御可能な項目に差異があります。
Windows
  • * iOS / Android / Windows / Kindleでは、制御可能な項目に差異があります。
  • * Active Directoryなど、企業ドメイン配下のWindows 8.1端末では、CLOMO MDMをご利用頂けません。
  • * セキュリティコード認証を行っていないMicrosoftアカウントを利用しているWindows端末では、CLOMO MDMをご利用頂けません。
  • * Windows端末からMDMサーバーへアクセスが無い状況が30日を超える場合、定期ポーリングが実施されるまでコマンドを実施できない場合があります。
  • * CLOMO MDMが持つ標準リモートワイプを実行した場合、対象端末のBitLockerを用いた暗号化済みディスクに対してリモートで暗号化キーを削除し、起動不可能な状態にします。VAIO端末に対するSecureWipe機能とCLOMO MDM secured by OneBe機能に関わるワイプ機能はBitLockerを用いません。
  • * 本ページに掲載されている画像は、マイクロソフトの許可を得て使用しています。
Kindle Fire
  • * Wi-Fiのみの利用環境で、ファイヤーウォールを設置している場合は「5228/tcp」「5229/tcp」「5230/tcp」「80/tcp」「443/tcp」「33434/udp」「40317/udp」「49317/udp」のポートを開放してください。
  • * 位置情報取得においては端末側で位置情報サービス機能が有効である必要があります。位置情報サービス機能が無効の場合は、位置情報取得は行えません。
  • * iOS / Android / Windows / Kindleでは、制御可能な項目に差異があります。