Apple School Manager活用メリット解説

Apple教育機関向け新機能
「Apple School Manager」

Appleが提供する「Apple School Manager」はiPhone、iPadなど、iOSデバイスの教育機関向け管理機能をフル活用するために必要なサービスです。教育機関のIT管理者は「Apple School Manager」とCLOMO MDMを使うと「Shared iPad」「Managed Apple ID」「クラスルームアプリケーション」など、教育機関向けの新機能を利用できるようになります。

Apple School Managerの利用条件などはこちら: https://help.apple.com/schoolmanager/

Apple School Managerの利用イメージ

Shared iPadでのパーソナルな学習体験や生徒用iPadの学習状況確認などを実現

Apple School Managerの利用イメージ

教育機関専用のiPad共有を実現

- Apple School Managerなら共有iPadでもパーソナルな学習体験を -

Shared iPad

Shared iPad

「Shared iPad」は、複数の生徒でiPadを共有する学校のために用意された機能です。生徒はiPadのロック画面上に表示される顔写真を選択することで、生徒それぞれの学習環境にログインできます。ログイン時には前回の授業を終えた時点の状態で始められるため、生徒全員に生徒一人一台のiPadを配布するのと同じような準備時間で授業を始められます。
なお、この時、教育機関のIT管理者は「Shared iPad」利用時のユーザー数設定、デバイス管理、アプリ配布などをApple School Managerと「CLOMO MDM」を通じて全て遠隔で行えるため、設定変更時にデバイスを回収する必要がありません。

Managed Apple ID

Managed Apple ID

「Managed Apple ID」は、「Shared iPad」を教育機関が円滑に利用するために特別に用意された全く新しい「Apple ID」です。教育機関のIT管理者はApple School Managerと「CLOMO MDM」を通じて「Managed Apple ID」を設定でき、手軽に導入・運用を行えます。
なお、「Managed Apple ID」は従来のように「iCloud」「iTunes U」へのアクセスに利用できるだけでなく、教育機関のIT管理者による「メールアドレス登録を必要としないIDの一括作成」や「教育向けに最適化された機能制限」などにも対応しているため、Apple ID導入・運用の手間を大幅に削減することにも利用できます。

Shared iPadが拡げる教育向けiPadの段階導入手順

- 授業ごとのiPad段階導入を可能に -

今まで、学生にパーソナルな学習体験を提供するためには、1人1台のiPad配布が必要であり、学年や学習コース単位で段階導入を行う必要がありました。今後は「Shared iPad」を利用することで共有iPadでもパーソナルな学習体験を実現できるようになったため、授業ごとに段階的にiPad導入を行えるようになります。
学年単位の段階導入と授業単位の段階導入を組み合わせて活用することで、より教育に最適なiPad段階導入を実現できます

iPadの教育機関活用も強力にサポート

- Apple School Managerなら生徒の学習状況確認も手軽 -

「クラスルームアプリケーション」は、全員のアプリケーションを同時に開いて、生徒たちがデバイス上で見ているものをコントロールすることができます。また教師は「クラスルームアプリケーション」を通じて、生徒がワークシートや数式に取り組んでいる様子を知りたい時は、どの画面でもワンタップで見ることができ、生徒がパスワードのリセット操作をする時は、教師のiPadから直接手伝うことなど円滑な学習を支援できます。
なお、教育機関のIT管理者は「クラスルームアプリケーション」利用において「CLOMO MDM」を通じて、クラス・生徒情報の設定を遠隔で行えるため、生徒の進級、クラス変更などに応じたデバイス設定変更を行う際にもデバイスを回収する必要がありません。

本ページ掲載内容の詳細については、 こちら からお問い合わせください。

  • ※ 本ページではCLOMOが今後対応予定の機能も紹介している場合があります。現在の対応状況は各種製品ページの機能一覧をご覧頂くか、こちらよりお問い合わせください。

CLOMO 導入事例のご紹介

CLOMOを使ったスマートデバイス活用のヒント集